在留特別許可
トップページ事務所概要サービス料金表相談フォーム

在留資格・ビザ

人文知識・国際業務

技術

技能

興行

企業内転勤

家族滞在

日本人の配偶者

定住者

再入国許可

在留特別許可

永住

短期滞在

在留資格・ビザ

在留資格変更

在留期間更新

在留資格認定証明書

帰化

起業・会社設立

支店設置

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 在留資格(ビザ別) > 在留特別許可
在留特別許可

■当社で申請代行する在留特別許可の申請


在留特別許可申請

退去強制事由に該当すると思われる外国人が日本に残りたい場合の在留特別許可申請(出頭申告手続き)

■当社へのご依頼が多い在留特別許可の申請

□密入国や不法滞在をしているが、日本人や永住者と結婚している

□不法滞在者だが日本国籍の子供がいるため日本で扶養したい

□オーバーステイしている恋人と結婚したい

□配偶者が不法滞在しているため在日大使館が独身証明書を発行してくれない

□留学ビザから就職浪人後に就職が内定した

■在留特別許可とは

在留特別許可申請とは、不法滞在や不法入国などで入管法に違反して日本に滞在している外国人が、法務大臣から例外的な許可をもらい特別に正規のビザを取得することです。

申請者する不法滞在状態の外国人は原則としてその全員が本国に強制送還されることを前提として退去強制手続きを受けることになっています。
「在留特別許可申請」は、退去強制手続きの中の1つの救済措置で退去強制手続きを受ける流れの中で何らかの理由で日本に残りたいということを申し出ることができるというものであり、「在留特別許可申請」という申請があるわけではありません。

判断基準は、不法滞在者の在留希望理由や家族状況、日本での生活歴、人道的配慮の必然性など総合的に判断されます。
在留特別許可は、例外的な措置であるため、どのような人が許可をもらえるかという具体的な要件は法律、規則や省令などでも公にはなっていませんが、日本との結びつきが強く人道的な配慮が必要とされる場合に、本人の違反事実と在留を希望する理由の両方を考慮して決定をくだしているようです。

■在留特別許可によりビザがもらえる可能性が高いケース


@日本人と結婚している(または結婚の予定)
A日本国籍を持つ子供を養っている
B「永住者」または「定住者」の在留資格を持つ人と結婚している
  (または結婚の予定)

ビザ申請

人文技術技能興行企業内転勤家族滞在配偶者定住者

変更更新認定証明書永住短期滞在起業支店設置

トップページ会社概要サービス料金お問合わせ


Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.