行政書士 無料相談
トップページ事務所概要サービス料金表相談フォーム

在留資格・ビザ

人文知識・国際業務

技術

技能

興行

企業内転勤

家族滞在

日本人の配偶者

定住者

再入国許可

在留特別許可

永住

短期滞在

在留資格・ビザ

在留資格変更

在留期間更新

在留資格認定証明書

帰化

起業・会社設立

支店設置

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 投資・経営ビザ
投資・経営ビザ

在留資格;投資・経営ビザとは・・・

日本において、社長、取締役、監査役、支店長として事業の経営を行う方が必要なビザです。

入管法では、「本邦において貿易その他の事業の経営を開始し若しくは本邦におけるこれらの事業に投資してその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事し又は本邦においてこれらの事業の経営を開始した外国人(外国法人を含む。以下この項において同じ。)若しくは本邦におけるこれらの事業に投資している外国人に代わつてその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事する活動」と規定されています。

在留資格;投資・経営ビザの期間

3年間、または1年間のビザを取得することができます。

在留資格;投資・経営ビザを取得するためのおよその基準

□日本国内に事務所を構えていること

□申請本人以外に従業員を2名以上雇用すること、または、500万円以上を投資すること。

□事業の経営業務を3年以上経験していること

□日本人が受ける報酬と同等の報酬を受けること

ビザ申請

人文技術技能興行企業内転勤家族滞在配偶者定住者

変更更新認定証明書永住短期滞在起業支店設置

トップページ会社概要サービス料金お問合わせ


Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.