行政書士 無料相談
トップページへ事務所概要サービスの特徴メリット・料金表お問合わせ

在留資格・ビザ

人文知識・国際業務

技術

技能

興行

企業内転勤

家族滞在

日本人の配偶者

定住者

再入国許可

在留特別許可

永住

短期滞在

在留資格・ビザ

在留資格変更

在留期間更新

在留資格認定証明書

帰化

起業・会社設立

支店設置

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 在留資格更新
このような方の在留資格の更新の手続きを代行します。

・ビザの更新が必要な方

・転職をされた後、初めてビザの更新をされる方

・勉強や仕事が忙しく更新手続きの時間がない方

・現在の在留期間よりも長い期間のビザを取得したい方

在留期間の更新でよくあるご依頼・ご相談

当社へご依頼いただいた場合の手続きの流れ
当社へご依頼いただいた場合のメリット

1.安心の成功報酬制

これまで不許可となった事例はほとんどありませんが、万が一、申請が不許可となってしまった場合、当社では一切の報酬をいただきません!
なお、ケースによっては、ご依頼時に着手金を頂くことがあります。

2.お客様は入国管理局へ行く必要がありません

当社にはお客様に代わって入国管理局へビザの申請ができる行政書士がおります。 お客様は一度も入国管理局へ行くことなく在留資格の更新が可能です。

3.めんどうな申請書類の準備も当事務所がフルサポートします

申請に必要な書類も当事務所が準備します。 申請において重要なポイントとなる「理由書」など入国管理局へ申請する書類を作成します。 お客様にご用意いただくのは、ご本人の身分に関する書類だけです。

4.長期間のビザが下りるよう申請します

当社では、現在のお客様の状況をお聞きし、ビザが長期間出るよう申請書類を準備していきます。より確実な許可取得が可能となります。

5.スピード対応で1日でも早いビザの更新を実現させます

当社は、スピード対応を得意にしており、1日でも早くビザが下りるよう申請書類の準備を進めていきます。

ビザ申請
在留期間更新許可申請について

在留期間更新許可申請とは?

現在与えられている在留資格の期限後も現在と同一の活動を行うために必要な手続きです。

申請する場所

居住地を管轄する地方入国管理管理局

首都圏・近畿 入国管理局一覧

申請する時期

在留期間の満了する日以前(6か月以上の在留期間を有する者にあたっては在留期間の満了する2ヶ月前から)

許可が出るまでの期間

2週間〜3ヶ月

入管での手数料

4,000円

当社でよくご依頼をいただく在留資格の種類

投資・経営ビザ

日本国内で自ら起業をして会社経営を行うためのビザ。海外の会社の支店を日本に設置し、日本の代表者となる場合にも投資・経営ビザが必要です。

技術ビザ

理系分野の技術や知識が必要な仕事を行うための就労ビザ。IT技術者・機械設計者・開発技術者等がこれにあたります。

人文知識・国際業務ビザ

文系の知識を必要とする仕事を行うための就労ビザ。貿易事務・国際業務・翻訳・通訳業務等がこれにあたります。

技能ビザ

専門的で特殊な技能を必要とする仕事を行うためのビザ。外国料理のコック・スポーツ選手・パイロットがこれにあたります。

家族滞在ビザ

日本で仕事をする外国人の配偶者(夫や妻)や子供が滞在するためのビザ。特別な場合を除き親や兄・姉が家族滞在ビザを取得することはできません。

日本人の配偶者等ビザ

国際結婚をし、日本人の配偶者となった方や日本人の子として生まれた方が日本に滞在するためのビザ。

永住者の配偶者等

永住ビザをお持ちの外国人の方の配偶者となった方やその子供が日本に滞在するためのビザ。

ビザ申請

人文技術技能興行企業内転勤家族滞在配偶者定住者

変更更新認定証明書永住短期滞在起業支店設置

トップページ会社概要サービス料金お問合わせ


Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.